Close

新人看護師が経験する悩みとその対策

患者さんの診察や治療に対する補助、日常生活の介助やケアなどを看護師は担いますが、デビュー間もない新人看護師は、初めての業務に苦労することが多いでしょう。また、業務をこなすだけでも精一杯なのに、人間関係がうまくいかず、心に余裕がなくなり悩んでしまう事もあるかもしれませんね。しかし、最初は未熟なのが当たり前である事を自分自身で受け止め、周りの先輩に育ててもらう事も大切です。

採血や注射などは、直接患者さんに技術を見られるプレッシャーがあり、準備から実施までをスムーズに出来る様になるためには、多くの経験が必要になります。また、日常生活に対する介助には、食事や排泄、入浴などがあり、担当の患者さんに合わせたケアの計画を立て、安全にかつ時間内で行わなければなりませんが、慣れない業務だと覚える事がたくさんあり、反省の繰り返しになってしまいます。しかし、ベテラン看護師も最初は苦労をしてきたので、誰もが通る道だと割り切ることも必要でしょう。

苦手な業務を克服し一人前の看護師になるためには、一つずつ課題を乗り越えていくことです。現在は、教育体制が整っている医療機関が多く、相談出来る先輩がいたり、チームでサポートし合えるのは心強い環境の医療機関が数多くあります。ですから、今の職場が学べる環境でないときには、他の医療機関への転職も視野に入れてみると良いかもしれません。

何度も失敗を繰り返し、苦労しつつも、学ぶ姿勢を忘れなければ、看護技術は必ず身につきます。新人ナースを応援しているこちらのサイトには、苦労話と併せて悩みを乗り切るための方法も記載されているので、ぜひ一度覗いてみてはいかがでしょう。