Close

キャリアの浅い看護師が転職を考える理由

職場への定着率が低く、人員の入れ替わりが多いことで知られる職業の一つが看護師です。看護師の資格があれば、仕事に困ることはなく、様々な働き方を選ぶことも可能なため、転職に対するハードルは低いようです。そのため、卒業後間もない新人看護師であっても、転職を考えることは少なくありません。

新人看護師が転職を考える具体的な理由としては、スキルアップをしたいということやワークライフバランスが取れる職場で働きたいということが挙げられます。看護師の仕事は、働く職場によって仕事内容も大きく異なるので、転職という選択肢を選ぶことは仕方のないことかもしれません。

大学病院や総合病院と診療所やクリニックでは、来院する患者さんの雰囲気も違います。また、同じ大学病院で働いても、急性期病棟で働くか慢性期病棟で働くか、または外来で働くのかによって、学べる看護技術や経験できる仕事も変わります。ですからもし、新人看護師が職場に違和感を感じたり、理想と現実とのギャップに悩んで転職を行うときには、それぞれの医療機関の特徴をリサーチしておくと良いでしょう。

看護師の仕事は激務です。そのため、新人であればなおさら辛さを感じるかもしれません。ですからもし、今の職場で看護業務を続けることが困難になったら、働き方を変えてみるのも一つの手かもしれません。幸い看護師は、正社員以外にも、パートや非常勤といった仕事もたくさんあります。正社員ほど安定した労働環境ではありませんが、残業が少なく、プライベートな時間も設けやすいので、無理なく働くことができるでしょう。せっかく手にした看護師の資格を無駄にしないでくださいね。