Close

看護業務で苦労を感じる新人ナースヘ

看護師は、勤務先によって業務をこなせるようになるまでに時間が掛かったり、色々な職種のスタッフとコミュニケーションを取ったりする必要があります。そのため、やりがいだけでなく、様々な場面で苦労を感じることもあるようです。

また、新人の頃は看護業務を覚えるために多くの研修に参加したり、先輩の仕事をフォローしたりする機会が多くなりますので、気が休まらない日も多いかもしれません。そうした中、なるべく苦労を感じずに仕事に取り組むためには、一人一人の看護師の年齢や経験に合ったサポートをしてくれる医療機関や、スタッフの仕事量が適切な職場で働くことが重要です。

優秀な医療スタッフの採用に積極的な大学病院や総合病院などでは、定期的に求職中の看護師を集めて就職相談会や座談会などを開催しています。このような場は、働きやすい職場を見つけるうえで有意義な機会となるので、もしも今の職場で働くことが難しいと考えた場合は、注目してみると良いでしょう。

また、看護業務の進捗で悩んでいる場合は、日ごろから同僚と患者の健康状態や業務の内容について情報をしっかりと共有したり、苦手な業務を互いに手伝ったりする努力が必要です。その他、夜勤のある勤務体系が導入されている病棟においては、夜間のスタッフの人数が限られているところも多く、日勤の業務と比べて苦労を感じやすくなる傾向があります。ですから、ストレスを感じたときには、定期的に好きなことをしてリフレッシュをする時間を作ったり、仲の良い先輩や同僚と悩みを相談し合ったりすることも大切です。